この度、弊社は48回目の誕生日を迎えることができました。これも偏に、お得意様・地域社会、そして社員各位のご協力の上に成り立っております。まずもって衷心より厚く御礼申し上げます。

さて、弊社は1972年7月21日、東京都町田市の貸工場で産声を上げてから、よく潰れずに48年間続けられたものだと我ながら感じています。創業時は、トラック部品の孫請けでスタートし、現在も若干の部品を供給しております。創めてすぐに第二次オイルショック、その後もバブル崩壊・ITバブル崩壊・リーマンショック・東北大震災、そして今度のコロナショックと6度目の大不況、小さな不況は数えられないほど体験しました。

企業は末代まで続けたいと多くの経営者は考えますが、先ず、目指すところは100年企業でしょうか? 再来年は50年の折り返し点、更に精進してその後50年でようやく最初の目標に達します。弊社は『その時代に必要とされる製品を供給できる企業として』日本経済の中にあり、地域社会の中核を担って行く心意気で邁進していく所存でございます。お得意様・地域社会・社員の皆様、倍旧のご理解ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

弥栄